FC2ブログ

還暦に手が届きそうな店主が、仏師目指しての検討ぶりを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4,手は口ほどにものを言いーその2.魅惑的な右手ー
 今日は、特に右手に注目してみました。どのブツゾーさんも色っぽいです
1番バッターは何といってもこの方でしょう。

広隆寺
 国宝第1号の広隆寺木造 弥勒菩薩半跏像 です。
「これは弥勒菩薩というより魅惑菩薩だ」と賞賛されるブツゾーさんです。
思惟するお姿に魅せられ、誤ってその右手薬指を折られたことがありました。
でも、修復の後も分からないほどに復元され、今も魅惑的な表情を見せてくれます。

 次のブツゾーさんは、密教美術が生んだ妖艶なブツゾーさんの右手です。
観心寺
 観心寺木造 如意輪観音菩薩坐像 です。
このブツゾーさんは手が6本あり、この右手は第1手です。
頬に手を当てて思惟のポーズです。悩める信者をどう救おうかと考えておられるとのこと。

 3番目のブツゾーさんは、以前にも登場しました。
法華寺十一面観音
 法華寺木造 十一面観音菩薩立像 です。 
天衣を親指と中指でつまむような仕草は、他のブツゾーさんには見られません。
人差し指と小指をピンッと伸ばした感じは、何か異国的です。

 最後は、店主の好きなブツゾーさんです。
薬師寺月光
 薬師寺銅造 薬師三尊脇侍月光菩薩立像 です。
 しなやかで上品な仕草です。手首を返して親指と人差し指をひねっています。
とても金属で出来ているとは思えない柔らかな右手です。
スポンサーサイト
2011.08.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。